女性向けパーソナルトレーナー

パーソナルトレーナーは男性がトレーニングを受けるために、マンツーマン指導を依頼するイメージがありますが、女性向けのパーソナルトレーナーもいます。

・女性向けのパーソナルトレーナー

トレーニングというとどうしてもスポーツをする人がやるものというイメージがあります。

しかしトレーニングにも種類はありますから、運動能力を高めるだけが目的とは限りません。

女性は健康のため、美容のためにトレーニングをする事があります。

もちろん女性アスリートもいますから、単なるダイエット目的とは違う内容もあります。

いずれにしろ女性向けのパーソナルトレーナーもいますから、目的に合わせてパーソナルトレーナーを選ぶ事が大切です。

・ジムに行く

パーソナルトレーナーにもスタイルはいろいろありますから、中にはフリーでやっている人もいます。

プロスポーツ選手や、芸能人、モデルなどもパーソナルトレーナーに指導を受けている人はたくさんいますが、有名な人ほどなかなか予約が取れませんし、指導料も高くなります。

こういう時はスポーツジムに行ってみましょう。

スポーツジムに所属しているパーソナルトレーナーもたくさんいますし、パーソナルトレーナーとしてマンツーマン指導をしてもらう事もできます。

・まとめ

ジムに行く人は体を鍛える事が目的ですから、ジムで聞いてみるのが一番でしょう。

サービス内容もいろいろありますから、とりあえずはジムで聞いてみるのがおすすめです。

パーソナルトレーナーを探す際は専門誌などをチェックしてみよう

パーソナルトレーナーを探す時はどうしたらいいのでしょうか?

・パーソナルトレーナーの探し方

以前はプロスポーツ選手や海外セレブなど一部の人が、美容や健康のためにパーソナルトレーナーを雇うというイメージがありました。

実際に欧米では個人がパーソナルトレーナーを雇い、目的に合わせて最適な指導を受けています。

日本でもプロスポーツ選手がパーソナルトレーナーに指導を受けるのが広まっていますが、今は一般の人もパーソナルトレーナーに指導を受けたいと希望するようになっています。

実際にところ、パーソナルトレーナーのニーズは高まっていますが、質の高いパーソナルトレーナーを探すのはとても難しいと言われています。

・資格は?

理由はパーソナルトレーナーの正式な資格がないことです。

例えば整体師も資格がなくても経験と知識があれば、整体師だと名乗る事ができます。

パーソナルトレーナーもある程度知識と経験があれば、名乗る事ができるため、単なる筋トレマニアでもパーソナルトレーナーとなる事ができるのです。

しかし実際には、運動生理学、機能解剖学、栄養学など幅広い知識が必要であり、トレーニングメニューも何種類も対応できなければいけません。

欧米では博士号を持つパーソナルトレーナーがいるほど、レベルが高いのです。

・まとめ

最近はパーソナルトレーナーの知名度も高くなっているため、専門誌なども増えています。

ネットではパーソナルトレーナーを探せるサイトなどもありますが、実績などをよく確認しましょう。