白髪解明アシスト

白髪ができるのは年齢的な原因も大きく関係していますが、ストレスも白髪の原因になるといわれています。

ストレスと白髪の関係

毛髪は毛乳頭という毛穴の奥の部分で作られます。

毛母細胞が髪の元を作り出し、成長しながら毛髪になります。

頭皮の奥で生まれた髪は白髪の状態だというのを知っていましたか?

成長し頭皮から1本の髪として生えるまでの間に、メラニン色素が色を付け黒髪となるのです。

メラニン色素は紫外線を浴びたときに、肌を黒くする物としてもよく知られていますが、髪が黒くなるのもメラニン色素のおかげなのです。

一般的には体の老化に伴い、メラニン色素を生成する機能が低下すると髪を着色できなくなるので白いまま生えてくる白髪となります。

ところが、白髪対策サイト(白髪の原因と対策 | スカルプDの白髪情報サイト | アンファー株式会社)によると、メラニン色素の生成を低下させるのは、年齢による老化だけとは限らないのです。

その原因の一つとして考えられるのが、ストレスです。

ストレスは自律神経のバランスを崩し、血行不良なども影響します。

血行不良は体を冷やしてしまいますが、これが頭皮でも起こります。

新鮮な血液が行き届かなくなるので、頭皮は栄養不足となります。

頭皮は髪の土台となるものですから、土台の環境が悪ければ髪にも悪い影響を与えます。

年齢によるメラニン色素不足はある程度の年齢になると、誰にでも起こりうる事ですが、ストレスは年齢に関係なく受けるものなので、若い人でもストレスが原因で白髪が生えてくる事があります。

この場合はストレスを解消して、自律神経のバランスを整えれば、再び黒髪が生えてくる可能性もあります。

栄養不足などにも注意れば白髪予防にもつながります。